たんぽぽコーヒーの副作用やデメリット

たんぽぽコーヒーの効果と貧血などの副作用

たんぽぽコーヒーは、味がコーヒーに似ていて香ばしい香りがするためたんぽぽコーヒーと呼ばれています。

コーヒーにはカフェインが入っていて、体を冷やしたり。睡眠を妨げるなどの作用があります。

ですが、たんぽぽコーヒーはカフェインが入ってないので子供や妊婦さんでも安心して飲むことができるんです。

 

たんぽぽコーヒーには女性にも男性にもうれしい効果が沢山あります。

母乳の出がよくなる、妊娠しやすくなるなどの効果があり授乳中の妊婦さんや妊活中の女性に大変人気のある健康飲料となっています。

たんぽぽコーヒーにはそれだけでなく肝機能の改善・美肌効果・育毛効果などの効果もある男性にもうれしい飲み物です。

たんぽぽコーヒーの効果 詳しくはコチラ

たんぽぽコーヒが体にいい効果が沢山あるのは分かりますが、悪い効果などはないのでしょうか?

たんぽぽコーヒーの副作用なども詳しく紹介していこうと思います。

 

桶谷式助産師さん推奨
母乳育児必須アイテム!
たんぽぽコーヒーの効果と貧血などの副作用

たんぽぽコーヒーの効果と貧血などの副作用

 

たんぽぽコーヒーの副作用

たんぽぽコーヒーは体にいい飲み物ですが、大量に飲みすぎてしまうと少々副作用があります

たんぽぽコーヒの効果である利尿作用は、むくみの改善や老廃物のデトックスになるのですが、
胃腸や過敏にするため、人によっては頻尿になったり、お腹を壊したりする可能性があるので飲みすぎには注意

たんぽぽコーヒーには毛細血管を拡張して血流の流れをよくする効果があります。
高血圧の予防には効果的ですが、元々血圧の低い人が飲みすぎると、さらに血圧が低くなってしまう可能性があります。
血圧が低い人・貧血気味・糖尿病で血糖値のコントロールが難しい方は、気を付けてください。

空腹時にたんぽぽコーヒーを飲むと胃酸の分泌が活発になります。
そのため、胃に違和感を感じたり、軽度の胃痛を感じる場合があるので空腹時はできるだけ避けてください。

たんぽぽはキク科の植物です。
ほとんど副作用は出ませんが、ブタクサやヨモギなどのキク科のアレルギーがある方は注意しましょう。

たんぽぽコーヒーは大量に飲まなければ体にいい飲み物です。

適度な量で楽しみましょう。

 

※注意

ある特定の病気の方はたんぽぽコーヒーを飲むのは注意が必要です。

・胆道閉鎖
・胆嚢炎
・閉鎖性レイウス

上記の病気の方はたんぽぽコーヒーを飲むことを控えましょう。
強い吐き気や発熱などの、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

持病を持っていて心配の方はかかりつけのお医者さんに聞いてみるのもいいと思います。

国産無添加で選ぶなら
【森下薬農園のたんぽぽコーヒー】

たんぽぽコーヒーの効果と貧血などの副作用

たんぽぽコーヒーの効果と貧血などの副作用

まとめ

たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)を飲んだことによる重篤な副作用の報告は今までに聞いたことはありません。

どんなに体にいい飲み物でも、飲みすぎれば体に良くはありません。

飲む量や飲むタイミングなどを調整して飲みましょう。

急に大量に飲み始めるのではなく、ちょっとずつ飲む量を増やしてください。

たんぽぽコーヒーは体にいい健康飲料です。

たんぽぽコーヒーは即効性のあるものでなく、継続して初めて効果のあるものです。

早い方では飲み始めて3日で効果を感じ始める方もいるそうですが、人によって効果の出方は違いますので。

焦らず毎日コツコツ飲み続けることが重要です。

たんぽぽコーヒーは1日1~3杯を目安として飲みましょう

場合によっては、体質に合わなかったりお腹を下してしまう可能性もありますので、最初は少量ずつ様子を見て飲みましょう。