乳腺炎の対策にたんぽぽコーヒーが効果的?

授乳中のママさんがなりやすい乳腺炎の対策には森下薬農園のたんぽぽコーヒーが効果的

授乳中のママさんがかかりやすい病気として乳腺炎という症状があります。

乳腺炎は片方のおっぱいが痛くなったり、敏感になる感染症です。

乳腺炎は、乳腺に細菌や母乳が詰まってしまうことによって乳腺が炎症を起こしてしまう症状です。

その乳腺炎に効果的な飲み物がたんぽぽコーヒー授乳中のママさんがなりやすい乳腺炎の対策には森下薬農園のたんぽぽコーヒーが効果的です。

 

授乳中のママさんたちがかかりやすい乳腺炎とは?

母乳育児はママの産後の回復、赤ちゃんの栄養面、赤ちゃんとのスキンシップ、免疫機能の向上など多くのメリットがあります。

粉ミルクなどを使わずに、母乳のみで育てることを完全母乳育児「完母」といって、ママさんたちのあこがれでもあります。

調べによると授乳中のママさんの約4人に1人が乳腺炎にかかってしまうようです。

乳腺炎の主な症状は乳房の腫れや痛み、発熱が主な症状で

乳頭から細菌が侵入することによって起こる症状のようです。

乳腺炎の症状は軽く詰まっている状態から、乳腺内に膿がたまって切開が必要になる状態まで様々な段階があります。

初期の症状であればマッサージなどのセルフケアで改善されますが、重症化すると点滴や入院、切開手術が必要になることもあります。

いつもと少し違うなど違和感を感じ始めたら、早めに病院に行ったり、自分でマッサージなどをして重症化する前に早めのケアをしてあげましょう。


乳腺炎の対策に森下薬農園のたんぽぽコーヒー

授乳中のママさんがなりやすい乳腺炎の対策には森下薬農園のたんぽぽコーヒーが効果的

乳腺炎の兆候と症状

・授乳中におっぱいに焼けるるような痛みを感じる。

・おっぱいに圧迫されるような痛み、チクチク感を感じる。

・おっぱいの腫れ・赤み・熱っぽい

・疲労感などの体調の不調

・熱や悪寒

 

乳腺炎の原因

・過度のストレスや疲れ

・高カロリーな食生活

・乳管のつまり

・ママの皮膚や赤ちゃんの口からの細菌

乳腺炎の原因として、ストレスや疲れや高カロリーな食生活を続けると母乳がドロドロになって詰まりやすいといわれています。

食べるものは脂っこい食事を避け、バランスいい食事を心がけましょう。

 

授乳中のママさんがなりやすい乳腺炎の対策には森下薬農園のたんぽぽコーヒーが効果的

乳腺炎の予防対策

乳腺炎対策でネットで検索すると、必ずと言っていいほどたんぽぽコーヒーがヒットすると思います。

全く持ってその通りで、お医者さんによってもたんぽぽコーヒーを勧めてくるほど効果があります。

乳腺炎を予防するのに最適なものはたんぽぽコーヒーです。

たんぽぽコーヒーは、血液中の脂肪やコレステロールを減らす効果があり、血液をサラサラにしてくれます。

母乳は血液から作られているので、たんぽぽコーヒーを飲むことで母乳もサラサラになります。

そして、たんぽぽコーヒーに含まれる、タラキサシンが母乳の分泌を促進させます。

たんぽぽコーヒーを飲むことで、母乳がサラサラになり分泌もよくなり、乳腺が詰まりにくくなります。

 

乳腺炎の原因の一つは食生活です。

脂っこい食事をやめて和食などのバランスの取れた食事から変えていきましょう。


授乳中のママさんがなりやすい乳腺炎の対策には森下薬農園のたんぽぽコーヒーが効果的

安心・安全・高品質で選ぶなら
森下薬農園のたんぽぽコーヒー

乳腺炎の対策に森下薬農園のたんぽぽコーヒー 森下薬農園のたんぽぽコーヒーはカフェイン0・カロリー0

しかも血液に必要な鉄分やカリウムが含まれているので質のいい母乳が作れます。

 

授乳の時に気を付けるポイント

・おっぱいを飲んでいる間、赤ちゃんはしっかり乳首を口にくわえているか確認。

・両方のおっぱいが空っぽになるように姿勢を変える。

・赤ちゃんのお腹がすいていれば、頻繁に授乳を行う。

・暖かいタオルや温湿布などでおっぱいを温める。

・脂っこい食事は控えるようにして、バランスの取れた食生活にする。

 

乳腺炎になったら、すぐに治療することが重要です、最初は風邪のような症状が出てきて胸がチクチクする痛みを感じます。
乳腺炎をどのように治療していくか、お医者さん助産師さんと相談することが必要です。
治療せず放置すると、膿がたまり腫瘍が形成されてしまい、ドレナージュ術が必要になる場合があります。
早めの対策を心がけましょう!